PS2版ドラクエ5無装備縛りプレイ日記 第7話 私の事を、覚えていますか?

2017.12.10 Sunday

0

    JUGEMテーマ:ゲーム

    PS2版ドラクエ5の無装備縛りプレイ日記です。

    基本的に全滅するまで、レベル上げ・お金稼ぎを行わない方針で攻略していきます。

     

    【前回のあらすじ】

    ピピンの母「うちの子が大きくなるまでに、平和な時代が来てくれたらと思っていたけど・・・・・・。あの子、言ったんですよ。母さん、平和な時代は待っていても来ないよ。自分たちで、築いて行くんだよって・・・・・・」

    シノブ「外れるのは、ピピン。三浦ピピン。

    ピピンの母「あたしゃ、涙が出てきましたよ・・・・・・。」

     

    【迷いの森】

    シノブLv24オークスLv6シンLv12ナギLv12で突破。

    エルフの飲み薬、小さなメダル、双六券等を入手。

    攻略中に、アンクルホーン3匹に敗北(5回目の全滅)。

    男性「此処は、妖精の村に通じると言われている迷いの森だ。しかし、普通の人間じゃ、この森を抜ける事は出来ねえみたいだぜ。」

    女性「私もね、子供の時は、妖精の姿を見た事があったんだけどねえ・・・・・・。」

    シン「あれ?お父さん、たき火の所に誰か居るよ。待って、君は誰なの?うん!見えるよ。僕たち、妖精の村に行きたいんだけど。」

    シノブ「・・・電波なの?」

     

    【妖精の村】

    ポワン「まあ、もしかして、シノブっ!なんて、懐かしいんでしょう。あの時は、本当に世話になりましたね。それで、今日は、私に何か用なのですか?・・・・・・そうですか、では、天空の塔やお城を、探してみてはどうでしょう。きっと、道が開けると思いますわ。私たちは、あなたの味方です。困った時は、いつでも訪ねて来て下さいね。」

     

    【第3双六場】

    双六券(地下)等を入手。

    シノブLv24で2回目の挑戦でゴールの景品の幸せの帽子等を獲得。

    双六中に世界樹の葉、命の木の実等を入手。

    シノブ「第4双六場以降は景品がショボいから、第3双六場で双六は終わりだよ。」

    シン「根拠は何なの?お父さん!

    シノブ「統計だよ。」

    オークス「何処で、その知識を手に入れたのか、猪は、とても興味深い。」

     

    【サンタローズ】

    雷神の槍を3本購入。

     

    【オラクルベリー】

    PS2版ドラクエ5無装備縛りプレイの買い物は終了したので、全財産をカジノのコインに交換し、エルフの飲み薬(300枚)・世界樹の葉(1000枚)を購入していきます。

     

    【天空への塔】

    シノブLv24オークスLv6シンLv14ナギLv13で楽勝。

    世界樹の葉、小さなメダル、力の種等を入手。

    老人(頂上)「かつては、この塔から天空の城に行けたものだが、今では、この有り様・・・・・・。天空の城も、今では、湖の底じゃ!もし、それでも、行きたいと言うなら、そこのマグマの杖を持って行くがいい。その杖を使えば、洞窟を塞ぐ岩をも溶かす事が出来ようぞ!」

    マグマの杖を入手。

    シン「あれ?さっきのお爺さん、消えちゃったよ?お空に帰っちゃったのかな?」

    ナギ「あのお爺さん、幽霊さんだったの?でも、怖くなかったよね・・・・・・。」

    ゆうじい「わしの事も、思い出してあげて下さい。」

     

    【地下遺跡の洞窟】

    シノブLv25オークスLv6シンLv17ナギLv16で強行突破。

    950G、命の木の実、小さなメダル2枚、魔法の聖水、750Gを入手。

    プサン(地下4階)「わー、助けてくれー!誰か、このトロッコを止めてくれー!」

    シノブ「ふんふんなるほど、わかるわかる!!」

    プサン(地下4階)「わかって貰えるか、シノブ!!

    錆びついたポイントを破壊して、プサンを助けます。

    プサン(地下4階)「ありがとうございました。うっかり乗ってしまい、かれこれ20年以上は回っていたでしょうか・・・・・・。私は、プサン。信じられないでしょうが、かつて、天空の民だった者です。お見受けした所、あなた方も、天空の城に向かっていますね。よろしい!私も、お供しましょう。」

    祝福の故(戦闘中に使用すると、ベホイミの効果。)を入手。

     

    【天空城】

    シノブLv25ナギLv19シンLv19オークスLv7で到着。

    シン「う・・・うくくっ、ぷはあ!あれ?息が出来るよ。水の中だから、僕、てっきり・・・・・・。」

    プサン「やや!これは、一体!此処に有った筈のゴールドオーブが、無くなっているではありませんか!むっ!この穴は・・・・・・。確か、大昔、邪悪な者が誕生する時に開けた穴・・・・・・。」

    ピサロ「呼んだ?」

    プサン「そうか・・・・・・。ゴールドオーブは、この穴から・・・・・・。そして、残りのオーブ一つでは支えきれずに、やがて、この城も・・・・・・。幸い、まだ、オーブのオーラが、微かに残っているようです。そのオーラを追って、ゴールドオーブの行方を瞑想してみましょう。」

    ビアンカ(回想)「あら?何かしら?綺麗な宝玉ね。きっとお礼よ。持って行きましょう。」

    青年(回想)「そのオーブを、ちょっと見せてくれないか?」

    ゲマ(回想)「この宝玉は、もしや・・・・・・?まあ、どちらにしろ、こうしておくとしましょう。」

    プサン「何という事でしょう!オーブは、既に、壊されていたようです!もはや、この城は、二度と天空には・・・・・・。いや!ちょっと、待って下さい!確か、伝説では、二つのオーブは、妖精たちの祖先が作ったと言われています。妖精の女王に頼めば、また、作ってくれるかも知れませんね。」

     

    【妖精の村】

    ポワン「そうですか。どうやら、約束を果たす時がやって来たようですね。シノブ、このホルン(妖精のホルン)を持って行きなさい。私たち、妖精国の女王が、きっと、力になってくれるでしょう。」

    ベラ「妖精国の女王様に会う方法は、下の階の図書館に居るルナが教えてくれるはずよ。頑張ってね、シノブ。

    ルナ「妖精の城は、普通の人間に見る事は出来ません。しかし、妖精のホルンを吹けば、あなた方にも見付ける事が出来るでしょう。山々に囲まれた深き森。その森の湖の真ん中で、ホルンをお吹きなさい。」

     

    【妖精の城】

    シノブLv25ナギLv19シンLv19サンチョLv21で到着。

    雷の杖(戦闘中に使用すると、べギラマの効果。)等を入手。

    女王「私たちには、同じ物を作る事は出来ないのです。これ(光るオーブ)を、ご覧なさい。実は、作ろうとしたのです。しかし、形は似ていますが、このオーブには、天空の城を浮上させる魔力は有りません・・・・・・。でも、シノブ。あなたなら、出来るかも知れません。このオーブを、シノブに差し上げましょう。」

    妖精A(屋上)「2階の東の部屋に飾られる絵は、時々、取り換えられるの。でも、今のは、伝説の勇者様のお誕生を祝う絵だから、次は、随分先になるかもね。」

    シン「随分先?じゃあ、世界が平和になったら、とかかな?」

    妖精A「ネタバレしないでよ!」

    シン「ええー?だって、二周目だよ?」

    妖精A「ネタバレする奴は、死んでいいよ!!」

    妖精B(2階の西の部屋)「この絵は、心を映し出す不思議な絵。あなたを、思い出の場所に運んでくれるでしょう。さあ、絵の前に立ち、心を開くのです。」

     

    【サンタローズ・過去】

    パパス「何だって!?お主が、私の息子?わっはっはっはっ!私の子供は、後にも先にも、シノブ一人だけだ!ふむふむ・・・・・・。では、ラインハットには行くなと言うのか?私がラインハット城に呼ばれていると、良く知っていたな・・・・・・。解った!お主は、予言者だろう。悪いが、私は、予言など信じぬ事にしているのだ。しかし、私の妻に似た目をした人よ。お主の忠告だけは、気に留めておこう。」

    シノブ青年「坊やは、不思議な宝玉を持っているな。そうか、ゴールドオーブって言うんだね。そのオーブを、ちょっと、見せてくれないか?」

    シノブ少年「ふんふんなるほど、わかるわかる!!」

    シノブ青年「わかって貰えるか、シノブ!!お父さんを、大切にしてあげるんだよ!!どんな辛い事があっても、負けちゃ駄目だよ!!」

    シノブ少年「うん。どんなに辛い事があっても、僕は負けないよ。ゲレゲレ、いこ!」

     

    【天空城】

    プサン「おお!オーブを、持って来てくれたのですね!このオーブを、台の上に戻して・・・・・・。さあ、これでいい筈です!いよいよ、この城が再び、天空に昇る時がやってきました!全ては、シノブたち、皆さんの御蔭ですね!さあ、見ていて下さい!」

    プサン(浮上後)「城の中には、水に閉じ込められてた人々が、何人か生きていたようですね。時間を止め、眠っていたとはいえ、途轍もない生命力!私も、懐かしい人に会えて、嬉しい限りです。」

    天空人A「おお!あなたが、この城と私たちを救ってくれたのか!何と礼を言って良いやら・・・・・・。えっ?天空人プサンも?はて?天空人には、その様な名前の者は居なかった筈だが・・・・・・。」

    天空人B「世界が、まだ、平和だった時代、下界を見てマスタードラゴンは、こう仰いました。人間も、中々、良いものだな・・・・・・。そして、お姿をお隠しになってしまったのでございます。」

    天空人C「後は、竜の神様・マスタードラゴンの復活を待つばかりじゃわい!マスタードラゴンは、テルパドールの西の島・ボブルの塔に、その能力を封印したそうじゃ。」

    小さなメダル、フック付きロープ、世界樹の雫(天空人から貰える)、世界樹の苗木(天空人から貰える名産品)を入手。

     

    【ボブルの塔・前半】

    シノブLv25ナギLv19シンLv19オークスLv7で強行突破。

    小さなメダル等を入手。

    シスター「はあはあ・・・・・・。2匹の途轍もない魔物が、竜の目を・・・・・・。その2匹は、まだ、この塔の何処かに潜んでいるはず・・・・・・。見付からないうちに、早く、お逃げ下さい・・・・・・ぐふっ!」

    2階でブラックドラゴン3匹に敗北(6回目の全滅)。

    シノブ「早く、逃げれば良かった・・・・・・ぐふっ!」

     

    【マウス】

    大鼠。

    ボブルの塔周辺で加入。

    即、戦力外。

     

    【ボブルの塔・後半】

    シノブLv26ナギLv20シンLv21オークスLv7で強行突破。

    エルフの飲み薬、小さなメダル(ピエールは馬車の中なので、ミミックをインパスで回避。)等を入手。

    ピエール「私の事も、思い出してあげて下さい。」

     

    【ゴンズ】

    ゴンズ「何だ、お前は?そうか。ゲマ様が言ってたシノブとは、お前たちの事だな!ゲマ様の手を煩わす事もあるまい。此処で、死ねっ!」

    シノブLv26ナギLv21シンLv22オークスLv7で勝利。

    コワモテかかしを活用。

    バイキルトで攻撃力強化。

    シノブ「こいつめ、こうしてやる、こうしてやる!」

    ナギ「お、お父さん!どうか、落ち着いて!」

    竜の左目を獲得。

     

    【ゲマ】

    ゲマ「ほっほっほっほっ。此処で待っていれば、来ると思っていました。私の事を覚えていますか?ほっほっほっほっ。そんな事は、どちらでもいいでしょう。兎も角、今、此処で、お前たちの実力を確かめさせて貰いますよ。」

    シノブLv26ナギLv21シンLv22オークスLv7で惨敗(7回目の全滅)。

    フバーハ(シンLv23)、ベホマラー(オークスLv8)を覚えるまで、グランバニアの洞窟でレベル上げ。

     

    【サラボナ】

    ルドマン「何とっ、シノブか!いつ、戻ったのだ!?い、いや・・・・・・積もる話は、後にしよう。今は、私の頼みだけ聞いて貰えないか?町の北に在る山奥の村の西の小島に、小さな祠が在る。その中に、古びた壺が一つ置いてるはず・・・・・・。その壺の色を、見て来て欲しいのだ。おかしな頼みと思うだろうが、頼んだぞ!もし、かったら、急いで戻るのだ!間違いであってくれれば、良いのだが・・・・・・。」

    メイド「私・・・・・・聞いてしまったのです。ご主人様の独り言を・・・・・・壺がく光る時、古より奴が蘇る・・・・・・って。広間の本棚に在る、古い日記の様な物を調べていた時でしたわ。」

    ルドルフの日記「今し方、私は、巨大な魔物を壺の中に封印する事に成功した。奴の身体は雲を突き抜け、天まで届くほどの巨大さだった。しかし、残念な事に、封じ込めた聖なる壺の力は100年・・・・・・長くても、150年だろう。壺が、その力を失い、くなった、その時、奴は再び、この世に現れる!」

     

    【封印の祠】

    シノブLv27ナギLv22シンLv23オークスLv8で到着。

    ナギ「きゃっ!お父さん・・・何かが、出てきちゃいそうなの。」

    シン「・・・・・・俺の妹が、こんなに可愛いわけがない!」

     

    【サラボナ】

    ルドマン(見晴らしの塔)「そうか・・・・・・やはり、赤色か。私は家に戻り、戦いの支度をして来よう。シノブ!暫くの間、此処を頼んだぞ!」

     

    【ブオーン】

    ブオーン「ブウウーイッ、まったく、良く寝たわい。さて・・・・・・。ルドルフは何処だ。隠すと為にならんぞ。・・・・・・まあ、良いわ。体慣らしに、貴様らから、血祭りに上げてやるわ!」

    シノブLv27ピエールLv23オークスLv8シンLv23で辛勝(世界樹の葉、エルフの飲み薬を大量消費。)。

    フバーハで耐性強化。

    ルドマン「わっはっは。やあ、愉快、愉快!私が支度している間に、倒してしまうとはな!」

    シノブ「ふんふんなるほど、わかるわかる(棒)!!」

    最後の鍵を入手。

     

    【オラクルベリー】

    小さなメダル(牢屋の椅子)を入手。

     

    【メダル王の城】

    小さなメダル2枚等を入手。

     

    【グランバニア】

    祈りの指輪等を入手。

     

    【ゲマ】

    シノブLv27オークスLv8ナギLv22シンLv24で辛勝。

    フバーハで耐性強化。

    ゲマ「おや?何を驚いているのです。この程度で、私が本当に滅びるとでも?ほっほっほっほっ・・・・・・。こんな所で力尽きるまで戦うほど、馬鹿ではありません。どちらにせよ、あの時・・・・・・パパスを灰にした時に、シノブを殺さなかったのは私のミスでした。この私が戦っても、息の根を止める事が出来ぬほど力を付けるとは、実に感心です。どうやら取り急ぎ、ミルドラース様に、ご報告しなくてはいけません。私も少し、休ませて貰いましょう。くっ・・・・・・ほっほっほっほっ・・・・・・。」

    竜の右目を獲得。

    ドラゴンオーブ、ドラゴンの杖(戦闘中に使用すると、ドラゴラムの効果。)を入手。

     

    【天空城】

    プサン「待っていました、シノブ。ドラゴンオーブを持って来てくれたのですね。やはり、あなた方は私の思った通り、知恵と勇気を兼ね備えた人たちです。さあ、そのオーブを私に渡してくれませんか?」

    シノブ「ふんふんなるほど、わかるわかる!!」

    プサン「わかって貰えるか、シノブ!!

    天空人D「ま、ま、まさか、そんな・・・・・・!」

    天空人E「マスタードラゴン様!!

    マスタードラゴン「我が名は、マスタードラゴン。世界の全てを統治する者なり・・・・・・良くぞ来たな。伝説の勇者の血を引きし、一族たちよ。私が人として暮らす間に、再び、世界の平和が破られてしまったらしい。魔界の王が、こちらの世界に来ようとしているのだ。しかし、そなたたちなら、それを食い止められるやも知れん!勿論、私も力を貸そう!私を呼びたい時は、そのベル(天空のベル。マスタードラゴンの背に乗る事が出来る。)を鳴らすがいい。」

    スポンサーサイト

    2018.04.19 Thursday

    0
      コメント
      コメントする