PS2版ドラクエ5無装備縛りプレイ日記 第8話 子供たちの未来は、子供たちに託そうではないか。

2017.12.20 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:ゲーム

    PS2版ドラクエ5の無装備縛りプレイ日記です。

    基本的に全滅するまで、レベル上げ・お金稼ぎを行わない方針で攻略していきます。

     

    【前回のあらすじ】

    ゲマ「シノブ・・・・・・シノブっ!私よっ!幼なじみのゲマよ!」

     

    【大神殿】

    シノブLv28サンチョLv22ナギLv24シンLv25で到着。

    天空の鎧等を入手。

    信者たち「神官様万歳!マーサ様万歳!」

    ビアンカ(石像)「・・・・・・。」

    ナギ「優しそうな女の人・・・・・・。何だか、抱きつきたくなっちゃう。」

    シン「お父さんが、石になってた時にそっくり!じゃあ、これが・・・・・・。」

    マーサ「我が名は、マーサ。大教祖イブール様に代わり、この神殿を治めている者です。シノブ・・・・・・。随分、逞しく成長しましたね・・・・・・。母は、どんなに会いたかった事でしょうか・・・・・・。思えば、あなた父パパスは、本当につまらない男でした。その話を聞きたいですか?」

    シノブ「いいえ。」

    マーサ「そうですね。あんな男の事など話しても、仕方無い事。ところで・・・・・・この母と共に、あなたも、大教祖イブール様にお仕えすると、約束してくれますね?」

    シノブ「いいえ。」

    マーサ「では、どうしても、イブール様に逆らうと・・・・・・。この母と戦う事になっても良いと言うのですか?まさか、この母を、母とも思わぬと言うのですか?」

    シノブ「はい。」

    ラマダ「くくく・・・・・・。くはくはくは・・・・・・。わっはっはっはっはっ!良くぞ、見破ったな!そうとも、お前など、既に、此の世に居らぬわ!此処に居る人間共のように、お前たちの魂も抜き取ってくれるわっ!」

    信者たち「ラマダ様、頑張れ!見事な成り済まし、良かったです!」

     

    【ラマダ】

    シノブLv28サンチョLv22ナギLv24シンLv25で惨敗(8回目の全滅)。

    シノブ「外れるのは、サンチョ。三浦サンチョ。

    人間キャラへの拘りを捨てて、ザオリク(オークスLv11、シンLv27。)を覚えるまでレベル上げ。

    レベル上げ中に、メッサーラが祈りの指輪をドロップ。

    シノブLv30オークスLv11ナギLv28シンLv28で勝利。

    フバーハで耐性強化。

    バイキルトで攻撃力強化。

    ルカナンで守備力低下。

    マンイーター「偽太后が、やられたようだな・・・」

    竜騎兵「フフフ・・・奴は、成り済まし四天王の中でも、最弱・・・」

    メディルの使い「シノブ如きに、やられるとは、四天王の面汚しよ・・・」

    ジージョ(元信者)「はっ!僕は、今まで、何をしてたんだろ・・・・・・。おや?あなたは、昔、僕の家に在った守り神に、よく似ていますね。そうだ!父さんや母さんの所に帰らなくっちゃ!」

    元信者A「わ、私、見ました!教祖イブールが、あの石像に呪いを掛けるのを!そして、石像が在る限り、伝説の勇者など生まれはせぬ!って、言ってました。」

    元信者B「オラ、知ってるだよ。あの台には、下に降りる隠し階段が在るだよ!」

     

    【大神殿・地下迷宮】

    シノブLv30オークスLv11ナギLv28シンLv29で強行突破(アイテムの回収は後回し)。

    イブール戦直前、ナギ祝福の杖ピエールに。

    イブール「その様子では、どうやら、私の一番の片腕、ラマダを倒してくれたようだな。わしの苦労の甲斐も無く、伝説の勇者などという戯け者も生まれたらしい。ここまでは、神の筋書き通りというわけか・・・・・・。しかし、それもこれも、此処でお終いじゃ。さあ、来るが良い。伝説の勇者其の一族の者たちよっ!」

     

    【イブール】

    シノブLv31ピエールLv27オークスLv11シンLv29で勝利。

    フバーハで耐性強化。

    マホカンタを張られたら天空の剣(凍てつく波動)。

    イブール「シノブよ。お前は暗黒の魔界、ミルドラース様の許に居る。を助けたくば、魔界に行くが良い。しかし、そこで、お前と其の一族は、滅びる事になるのだ。今、このわしが、魔界への道を通じさせてやろう。大魔王ミルドラースよ!このわしに、最期の力を与えたまえっ!」

    ゲマ「ほっほっほっほっ・・・・・・。いつまで、大教祖のつもりでいるのですか?あなたには、ただ、形だけの教祖として、人間たちを集めるお仕事をして貰っただけですよ。しかし、その役目も、お終いでしょう。」

    イブール「ぎょえーーっ!!」

    ゲマ「ふん。役立たずはは、最後まで役立たずですね・・・・・・。シノブと、その仲間たちよ。今は、好きにするがいいでしょう。ほっほっほっほっ・・・・・・!」

    命のリングを獲得。

    骸骨の傍の落書き「マリア・・・・・・兄さんは、もう駄目だ・・・・・・せめて・・・・・・せめて、お前だけは、幸せになってくれ・・・・・・。」

    シノブ「ヨシュアさん・・・・・・妹さんは、幸せになりましたよ・・・・・・!」

    マーサの声「シノブ。大きくなったお前の姿を、この母は、どんなに見たい事でしょう!しかし、それは、願ってはいけない事。シノブ・・・・・・。魔界に来てはなりません。たとえ、伝説の勇者でも、魔界に居る大魔王には、とても敵わないでしょう。この母の事など忘れて、家族仲良く暮らすのです。母は、この命に代えても、ミルドラースをそちらの世界に行かせません。さあ、もう、おゆきなさい。すぐそこに、可愛い人が待っているはず。さようなら、シノブ・・・・・・。」

    ビアンカ「此処は、何処かしら・・・・・・?私ったら、今まで何を・・・・・・?あら!あなたたちは!」

     

    【グランバニア】

    ビアンカ「そう・・・・・・私ったら、10年も、石にされてたのね・・・・・・。シノブ、助けてくれて、どうもありがとう。それから、シン、ナギ・・・・・・。今まで放っておいて、本当にごめんなさいね。」

    シン・ナギ「お母さーん!」

     

    【エルヘブン】

    長老「古い言い伝えでは、神殿に三つのリングを捧げた時・・・・・・。魔界への門が開くと云われています。」

     

    【暗黒世界の祠】

    シノブLv31ピエールLv27オークスLv11シンLv29で到着。

    マーサの声「シノブ、シノブ・・・・・・。遂に、此処まで来てしまったのですね・・・・・・・。シノブ、お前は、この母が想像した以上に、逞しく成長したようです。もう、戻りなさいとは言いません。今は、ただ、あなた方の力を信じる事にしましょう。そして、これ(賢者の石。戦闘中に使用すると、全員のHPが55ポイント前後回復。)が、この母に出来る精一杯の事・・・・・・。どうか、母からの贈り物を受け取って下さい。頑張るのですよ、シノブ・・・・・・。」

    シノブ「ふんふんなるほど、わかるわかる!!」

    マーサの声「わかって貰えるか、シノブ!!

     

    【ジャハンナ】

    シノブLv31ビアンカLv20シンLv30ナギLv30で到着。

    小さなメダル、守りの種、エルフの飲み薬等を入手。

    カンダタ子分を倒して、ストロスの杖(戦闘中に使用すると、キアリクの効果。)を獲得。

    女性「あんたも、きっと、マーサ様の御力で邪悪な心を改心させて貰ったね。早く、立派な人間におなりよ。」

    男性(酒場)「え?お酒なんて飲んでないよ。そんな事して、また、魔物に戻っちゃったりしたら、嫌だからなあ。」

    アンクルホーン(水車小屋)「お前さん、人生に後悔してるか?だったら、これを持って行け。ジャハンナに伝わる話を書いた、禁断の巻物(名産品)だ。かつて、神に成りたがった人間が、居た・・・・・・。」

    ビアンカ「それが、ミルドラースなのね!」

    アンクルホーン(水車小屋)「その邪悪な心を振り払う為、エルヘブンの民が立ち向かったが・・・・・・。」

    ビアンカ「大魔王に成ってしまったのね!」

    アンクルホーン「奥さん、あんた、旦那さんに捨てられないよう、気を付けた方がいいよ。」

     

    【エビルマウンテン】

    シノブLv32ピエールLv29オークスLv12シンLv30で到着。

    ルーラ登録。

     

    【第4双六場】

    シノブ「第3双六場で双六は終わると約束したな、あれは嘘だ(ゲマ戦、ブオーン戦、ラマダ戦で世界樹の葉、エルフの飲み薬を消耗したので。)。」

    シノブLv32で14回目の挑戦でゴールの景品の力の種、小さなメダル等を獲得。

    双六中に、世界樹の葉を入手。

     

    【エビルマウンテン・前半】

    シノブLv32ピエールLv29オークスLv12シンLv30で強行突破。

    小さなメダル等を入手。

    マーサ(山頂)「ああ・・・・・・シノブ・・・・・・シノブですね・・・・・・。母は、どんなにか、あなたに会いたかった事でしょう・・・・・・。私が攫われた、あの日以来、あなたの事を考えぬ日は、ありませんでした。シノブ・・・・・・。なんと、逞しく成長した事でしょう・・・・・・。今、こうして、あなたに会っている事が、まるで、夢のようです・・・・・・。もう、この母は、何も思い残す事は、ありません。シノブ・・・・・・。大魔王ミルドラースの魔力は、あまりに強力です。せめて、せめて、この私が、この命に代えても、その魔力を封じてみせましょう。」

    シノブ「ふんふんなるほど、わかるわかる!!」

    マーサ「わかって貰えるか、シノブ!!

    ゲマ「ほっほっほ。いけませんね。あなたの役目は、大魔王様の為に、扉を開く事・・・・・・でも、まあ、良いでしょう。我が子を思う気持ちというのは、いつ見ても、良いものですからね。」

     

    【ゲマ】

    ゲマ「もはや、ミルドラース様に、お前の魔力など要りません。今、此処で、私が、お前たちを、永遠の闇へお送りしましょう。」

    シノブLv32ピエールLv30オークスLv12シンLv30で勝利。

    フバーハで耐性強化。

    ゲマ「げぐぁ〜っ!!」

    マーサ「シノブ、シノブ・・・・・・。はあはあ・・・・・・。本当に、あなたは、驚くほど成長しましたね・・・・・・。今まで、母は、あなたに、何もしてあげられなかったというのに・・・・・・。はあはあ・・・・・・。でも、せめて、最期だけは、あなたの助けになりましょう。さあ、下がりなさい・・・・・・。全知全能の神よ!我が願いを聞きたまえ・・・・・・。我は、偉大なる神の子にして、エルヘブンの民なり・・・・・・。神よ!この命に代えて、邪悪なる魔界の王、ミルドラースの・・・・・・ミルド・・・・・・ラースの・・・ま、魔力・・・・・・を・・・・・・」

    マーサ「はあはあ・・・・・・。こ、こんな、はずは・・・・・・。そ、それほどまでに、ミルドラースの魔力が・・・・・・。はあはあ・・・・・・。」

    パパス「マーサ・・・・・・。マーサ、もう、良い。お前は、十分に良くやった。どうやら、私たちの子は、私たちを越えたようだ。子供たちの未来は、子供たちに託そうではないか。さあ、マーサ、こっちへおいで。」

    マーサ「はい、あなた・・・・・・。」

    パパス「シノブよ。私たちは、いつでも、お前たちを見守っている。頑張るのだぞ、シノブ。私たちの息子よ・・・・・・。」

    シノブ「ふんふんなるほど、わかるわかる!!(涙)」

    ビアンカ「パパスさん・・・・・・いえ、お父様・・・お母様・・・・・・。一目だけでも、最後に会えて良かった・・・・・・。見守っていて下さい。お二人の想いは、シノブと私たちで、必ず果たします。お父様、お母様。どうか、私たちの事を見守っていて下さい・・・・・・。」

     

    【エビルマウンテン・後半】

    シノブLv32ピエールLv30オークスLv13シンLv31で強行突破。

    小さなメダル、聖なる水差し、呪いの唸り木(名産品)等を入手。

    シノブ「祭壇の間で二匹のヘルバトラーを倒したら、一旦、撤退するよ。」

    ピエール「根拠は何だい?」

    シノブ「統計だよ。」

    ビアンカ「何処で、その知識を手に入れたのか、嫁は、とても興味深い。」

     

    【名産品博物館】

    世界樹の苗木を台座に置いて、聖なる水差しを使用すると、世界樹の苗木が、毎晩、世界樹の葉を落とします。

    世界樹の葉を大量生産して、ミルドラース戦に備えます。

    スポンサーサイト

    2018.04.19 Thursday

    0
      コメント
      コメントする