PS2版ドラクエ8無装備縛りプレイ日記 第5話 私が狙っていたのは、あんな見せかけの男じゃない。

2019.10.08 Tuesday

0

    JUGEMテーマ:ゲーム

    PS2版ドラクエ8の無装備縛りプレイ日記です。

    基本的に全滅するまで、レベル上げ・お金稼ぎを行わない方針で攻略していきます。

     

    【前回のあらすじ】

    第1話「悲しいなあ・・・・・・。」

    第2話「これは!トロデ王ではございませんか。随分、変わり果てた御姿で。」

    第3話「私の事を馬鹿にしてきた愚民どもを見返してやるのだっ!!」

    第4話「鞭をくれてやらんと解らぬようだな、こいつめ!」

    チャゴス「解せぬ。」

     

    【闇の遺跡】

    エイトLv26ヤンガスLv26ククールLv25ゼシカLv24で突破。

    闇の遺跡の地図、小さなメダル、聖者の灰(錬金素材)等を入手。

    彷徨う魂「此処は、我らが崇める、ラプソーン様の復活の日を願って建てられた神殿・・・・・・。」

    メラゴースト「さっき、此処で、とても懐かしい、ラプソーン様の御力を感じたのだ。肉体を持たぬ私には、ラプソーン様を見る事が出来ない。此処を通ったのは、ラプソーン様だったのだろうか?」

     

    【ドルマゲス・第1形態】

    ドルマゲス「なるほど、この私を倒し、の呪いを解こうというわけですか。くっくっく、見上げた忠誠心だ。しかし、今の私には迷惑極まりない!身に余る魔力に身体が耐えきれなくなったので、此処で癒していたというのに・・・・・・。これも、絶大なる力を手に入れた代償なんでしょうかねえ。けれど・・・・・・悲しい。悲しいなぁ。だって、こんな所まで来たというのに、その願いも叶わぬまま・・・・・・。みんな、この私に殺されてしまうのですから!」

    エイトLv27ヤンガスLv26ククールLv25ゼシカLv25で勝利。

    ピオリムで素早さ強化。

    分身後、チーム呼び。

    ドルマゲス「くっくっく・・・・・・やりますね。もし、私が体を癒している最中でなければ、もう少し、楽に殺して差し上げたのに。仕方ありませんね。さあ、もう、終わりにしましょう。これでも食らえ!あーっひゃっひゃっひゃ!いーひっひっひっひ!未来永劫、茨の中で悶え苦しむがいい!何故だ!?何故効かない!お前は一体・・・・・・!?・・・・・・面倒だが、どうやら、全力を出さねばならないようだな。」

     

    【ドルマゲス・最終形態】

    エイトLv27ヤンガスLv26ククールLv26ゼシカLv25で惨敗(4回目の全滅)。

     

    【バックル痛恨必中技】

    無装備縛りでも王家の山から西のフィールドでメタル狩りが可能。

    バックル(トロデーン地方のフィールド)×マリン(隔絶された台地の西の島)×ミネラル(サザンビーク地方のフィールド)。

    ベホマズン(最速でLv29)を覚えるまでレベル上げ。

     

    【ドルマゲス・最終形態】

    エイトLv29ヤンガスLv28ククールLv27ゼシカLv27で勝利。

    ピオリムで素早さ強化。

    マジックバリア、フバーハで耐性強化。

    ルカニチーム呼び。

    バイキルトで攻撃力強化。

    ドルマゲス「・・・・・・には、まだ足りぬ。こんな所で朽ち果てるわけには・・・・・・。」

    ヤンガス「あれれ?おっさん!呪いが解けた筈じゃ!?」

    トロデ「何故じゃ?何故、呪いが解けん?元はと言えば、奴めが我が城の秘宝の杖を盗みだし、それを振り回したせいで・・・・・・おお!そうじゃった!杖じゃ!杖は、どうなった!?」

    ゼシカ「杖って、これの事かな?」

    ヤンガス「そろそろ、此処を出るでがすよ。」

    トロデ「ふむ、そうじゃな。こんな所で考えておっても、埒が明かぬわ。ここは、ひとまず、サザンビークへ戻るとしようかの。」

     

    【サザンビーク・翌朝】

    宿屋「え!?何だって?仲間が居なくなっただって?そりゃ、ひょっとして、胸の大きいお姉ちゃんの事じゃないのかい?あの娘なら、とっくに出てったよ。まだ、日の昇らないうちに宿を出ようとするから、何処へ行くのって、あたしゃ、聞いてみたんだよ。そしたら、北へ行くってさ。北って言えば、確か、関所が在ったかね。」

    トロデ「一刻も早く発見するんじゃ。わしは忘れておったのだ!大事な家宝の杖を、ゼシカに預けたままにしておいたのを!あれを失くしたとあっては、御先祖様に顔向けできんぞい。」

     

    【リブルアーチ】

    エイトLv29ヤンガスLv29ククールLv28で到着。

    チェルス(ハワード邸)「それ以上、近付くなっ!!何者だか知らないが、ハワード様に手を掛けようというのなら、この僕が容赦しないぞっ!!」

    ハワード(ハワード邸)「お前が容赦せんかったからと言って、何が出来るんじゃ。このボケナス。チェルスよ、そこをどけ。・・・・・・よ。わしを、大呪術師ハワードと知っての狼藉じゃろうな。だが、わしはわしで、お前さんが来る事くらい、占星術で、とっくに予知しとったのじゃ。故に、わしを殺そうとする杖使い女を退治するまじないも、既に会得済みというわけじゃ。」

    ゼシカ(ハワード邸)「くすくす・・・・・・。悲しいわ・・・・・・。四人の賢者の魂を得た、この杖の前では、そんな結界が何の意味も無い事が解らないのね。」

    ハワード(ハワード邸)「・・・・・・な、何っ!?そ・・・そんな馬鹿な!」

    ゼシカ(ハワード邸)「・・・・・・あら?うふふ。もう来たの?思ったよりも早かったわね。今日の所は退散してあげるわ。この人たちを相手にしながらじゃ、流石に、私も分が悪いもの。今度、来る時までには、もっと、守りを万全にしておくといいわ。それじゃあね。」

    ハワード(ハワード邸)「・・・・・・危機一髪じゃったわい!」

    チェルス(ハワード邸)「ハワード様!御怪我はありませんでしたかっ!?」

    ハワード(ハワード邸)「触るな、汚らしい!こんな時だからといって、わしに取り入ろうったって、そうはいかんぞ!もう、ええわい!お前は、レオパルドちゃんに御飯でもやってこい!わしは、そこの御仁と話がしたいのじゃ!どうやら、わしは、お前さんに助けられたようじゃな。実は、この町に、クランバートル家という、古くからの彫刻家の家系があってじゃな。その家に代々伝わる、クラン・スピネルという二つの宝石には、強力な魔の力が宿っておるのじゃ。わしも、以前から、譲ってくれと頼んできたのじゃが、何しろ、先代が頑固者でな。聞く耳持たんのじゃ。クラン・スピネルを譲ってくれるよう、クランバートル家に頼んで欲しいのじゃ。あの宝石、無くしては、杖使い女に対抗できる結界は作れん。急いで頼むぞ。」

    チェルス「ほら、レオパルド。御飯だよ。此処に置くからな。」

    レオパルド(黒犬)「バウバウバウッ!!!」

    チェルス「ご・・・御免よ。レオパルド。何か、気を悪くしたかい?御免・・・・・・ホント。謝るよ。あ・・・・・・あなたは、さっきの。さっきは、本当にありがとうございました。ハワード様が御無事だったのは、あなたの御蔭です。・・・・・・見た所、どうやら、旅の人みたいですね。僕も、半年前まで、あても無く世界中を回る、旅人でしたから。それが、半年前・・・・・・腹ペコで倒れてしまい・・・・・・。その時の僕を助けてくれたのが、他ならぬ、ハワード様だったんです。」

    ライドンの息子「・・・・・・クラン・スピネル?ああ。そういう話なら、父さんにして下さい。父さんは、此の町の北で塔を作っています。その剣(石の剣)を塔の扉の穴に突きさせば、扉が開くはずです。」

    魔法の聖水2個、小さなメダル6枚、力の指輪(×魔法の盾×ベホマラチーズ=力の盾)、力の種、命の木の実等を入手。

    爆弾岩の欠片4個(錬金素材。爆弾岩の欠片×爆弾岩の欠片×魔道士の杖。)、スキルの種(夜の秘密屋)を購入。

     

    【メダル王女の城】

    小さなメダルと星降る腕輪(60枚)を交換。

     

    【リブルアーチ地方のフィールド】

    モンスター銅貨(どくどくエンジェル)、パワーベルト、銀の髪飾り、エルフの飲み薬を入手。

     

    【錬金釜】

    マグマの杖(戦闘中に使用すると爆発で攻撃。爆弾岩の欠片×爆弾岩の欠片×魔道士の杖。)が完成。

    爆弾岩の欠片×爆弾岩の欠片×魔道士の杖で錬金開始。

     

    【ライドンの塔】

    エイトLv30ヤンガスLv29ククールLv28で楽勝。
    ライドンの塔の地図、命の指輪(錬金素材)、ケイロンの弓(戦闘中に使用すると全員にホイミの効果)を入手。

    ライドン(11階)「お前みたいな青二才に制覇されるって事は、この塔も、まだまだ低すぎるってこったな!やい、小僧!気に入ったぞ!・・・・・・何?クラン・スピネル?残念だが、そんな物は、もう、とっくの昔から、うちにはねえよ。何しろ、わしも見た事ねえんだ。わしの大昔の先祖が、自分の作った像に、その、クラン・スピネルを埋め込んだって話は聞いた事が有る・・・・・・。その先祖ってのは女なんだがな。何でも、生涯最高の出来の像に、その宝石を埋め込んだらしい。確か、あの先祖は・・・・・・リーザスとかって名前だったか。」

     

    【錬金釜】

    マグマの杖(戦闘中に使用すると爆発で攻撃。爆弾岩の欠片×爆弾岩の欠片×魔道士の杖。)が完成。

    命の指輪×金のブレスレットで錬金開始。

     

    【リーザス地方のフィールド】

    モンスター銅貨(暴れんボーイ)を入手。

     

    【リーザス像の塔】

    リーザス「私が生まれたクランバートル家は、伝説の賢者の血を受け継ぐ、由緒正しき家系でした。しかし、ある代で、クランバートル家は賢者の血を失いました。継承者である私が、アルバート家に嫁いだ為です。・・・・・・以来、賢者の血は、アルバート家に受け継がれていきました。ですが、その賢者の血も、憎き魔の力により、絶たれたのです。継承者である、サーベルトの命と共に・・・・・・。賢者の血が絶たれたとはいえ、アルバート家が私の血筋である事に変わりはありません・・・・・・。像に埋め込まれたクラン・スピネルを持ってお行きなさい。アルバート家の血を持つ最後の一人・・・・・・。ゼシカの事を、よろしく頼みましたよ。」

     

    【リブルアーチ】

    チェルス「信じて下さい、ハワード様!私は断じて、レオパルド・・・様の御飯に、毒など盛っておりません!」

    ハワード「ならば、わしが見てる目の前で、その皿の御飯を食って貰おうかな。おっと、立ったままではならんぞ。皿を置き、地面に這いつくばって、美味そうに食べるのじゃ。うわっはっはっは!!いい姿じゃぞ、チェルスよ!!さあ、レオパルドちゃんや。あの御飯は、どうやら安全のようじゃ。食べても良いぞ。」

    チェルス「あなたは・・・・・・。あはは。恥ずかしい所を見られちゃいましたね。クビにされないように気を付けなくちゃな。僕、此の御屋敷も、ハワード様も大好きだから・・・・・・。巧く言えないんですけど、此の御屋敷に仕えている事に、凄く、運命的なものを感じているんです。」

    ハワード(ハワードの部屋)「この魔力の波動は間違い無い!これさえ有れば、強力な結界も容易に作れるじゃろう。よし!お前さんは、たった今から、此のハワード邸の傭兵じゃ。早速、仕事を与えてやろう。さあ、こっちへ来るのじゃ。この先には、わしの秘密の資料室が在る。そこから、ある本を探して来て欲しいのじゃ。のタイトルは、世界結界全集じゃ。その本に強力な結界のレシピが載っておる。よろしく頼むぞ。」

    ハワード一族の歴史(資料室)「我が名はハワード。偉大なる大呪術師クーパスより呪術の教えを乞う者なり。師、クーパスは気付いていた。いずれ、世界に魔の力、蘇りし時・・・・・・己の持つ呪術の力が、自分の一族こそ賢者の血筋であると、魔の存在に示してしまうだろう・・・・・・と。師、クーパスは、賢者の力を魔の力に悟られないように、自らの呪術の力を、我がハワード一族に譲り渡した。呪術の力を失った、師、クーパスは、最後の言葉も無く、突然に、私の前から姿を消してしまった。師、クーパスより、呪術の力を託された私は、我が一族に因縁の呪を掛けることにした。どれほど、時が流れ、どれほど、時が流れ、どれほど、人の記憶が薄れゆこうとも・・・・・・魔の力、真に迫りし時には、師、クーパスの末裔と、我がハワード一族の末裔は、必ず導かれ、出会うだろう。そして、我が一族の末裔が、命を賭して、師、クーパスの末裔を御守りする事を、ただ、ひたすらに願うばかりである・・・・・・。」

    世界結界全集、小さなメダル等を入手。

    男たちの声「で・・・出たあっ!!杖使い女だーっ!!」

    ハワード(ハワードの部屋)「わしは、今から大急ぎで結界を調合するゆえ、お前は、外で、あの杖使い女を食い止めておれ!」

    チェルス「此処から先は、一歩も行かせないぞ!ハワード様に、指一本、触れさせるものかっ!」

    ゼシカ「私が狙っていたのは、初めから、あんな見せかけの男じゃないわ。この杖が全て知っているの。私の狙いは、かつて、暗黒神ラプソーンを封印した、七賢者の一人、大呪術師クーパスの末裔・・・・・・チェルス。あなたの事よ。」

     

    【呪われしゼシカ】

    エイトLv30ヤンガスLv29ククールLv29で惨敗(5回目の全滅)。

     

    【雪越しの教会】

    エイトLv30ヤンガスLv29ククールLv29で到着。

     

    【雪越しの教会地方のフィールド】

    回復エンジェル(ベホマスライムのベホップ。モンスター銀貨。)をスカウト。

     

    【モンスター・バトルロード・ランクB】

    斬魔刀を獲得。

    モリー「2つのチームを持つ事を可能にしようではないか。例えば、片方のチームを攻撃専用とし、もう片方のチームは回復専用としたりと、様々な戦略が練れるようになるはずだ。そうと決まれば、早速、この2チーム目にも名前を付けねばならん。みきさやか(魔法少女まどか☆マギカから拝借)で良いのだな?」

     

    【錬金釜】

    命のブレスレット(錬金素材。命の指輪×金のブレスレット。)が完成。

     

    【ザオリーマ】

    全体完全回復。

    ベホップ×はぐりん(マイエラ修道院地方のフィールド)×ホイミン(ポルトリンク地方のフィールド)。

     

    【サザンビーク地方のフィールド】

    天国の千両役者(オクトセントリーのリー。モンスター銀貨。)をスカウト。

     

    【メダル王女の城地方のフィールド】

    荒くれギガンテス(ギガンテスのギガンツ。モンスター銀貨。)をスカウト。

     

    【闇の遺跡地方のフィールド】

    ウェポン・マスター(ヘルクラッシャーのハルク。モンスター金貨。)をスカウト。

     

    【モンスター・バトルロード・ランクA〜ランクS】

    ドラゴンローブ等を入手。

    モリー「わしは、この立場にありながら、一日とて、モンスターチームの研究を怠った事など無い。だが、チャンピオンのような天才の前では、わしのような凡人の努力など虚しいものだな。ありがとう、チャンピオン。チャンピオンは、わしの夢を叶えてくれた。わしは、ずっと待っていたのだ。わしを打ち負かしてくれる、真の天才が現れる、この日を・・・。さらばだ、チャンピオン。

     

    【呪われしゼシカ】

    エイトLv30ヤンガスLv29ククールLv29で勝利。

    チーム呼びを駆使。

    バイキルトで攻撃力強化。

    ゼシカ「・・・・・・許さ・・・ないわ。絶対に・・・・・・許さ・・・ない・・・・・・。見せてあ・・・げるわ・・・・・・。四人の・・・賢者の魂を・・・得た、この杖の・・・・・・本当の威力を・・・・・・。・・・・・・燃え尽きるといいわ。この町と共に・・・・・・お前たちの命もっ!!」

    ハワード「わしの超強力な、退魔の結界をくらえぃ!どりゃあっ!!どわははは!!こいつは、相当、効いたようじゃな!!エイトよ!良くぞ、わしが結界を完成させるまでの間、持ち堪えたな!褒美として、名誉な仕事を与えてやろう!あの女に、とどめを刺してくるのじゃ!・・・・・・ほほう?つまり、あの女は、元々、お前たちの仲間というわけか。まあ、いいじゃろう。お前が必死で、わしの命を守ろうとしたのは事実じゃしな。・・・・・・むっ!?そう言えば、わしの可愛い、レオパルドちゃんは何処へ行った?・・・・・・チェ・・・チェルスよ!!今すぐ、レオパルドちゃんを探して、連れ戻してまいれ!!」

    チェルス「は・・・はいっ!!」

    トロデ「おお、おお。ようやく気付いたか。」

    ゼシカ「私を支配した、強大な魔の力の持ち主の名前は・・・・・・暗黒神・・・・・・ラプソーン。私の心にラプソーンは、こう命令したわ。世界に散った、七賢者の末裔を殺し、我が封印を解けって。七賢者っていうのは、かつて地上を荒らした、暗黒神ラプソーンの魂を封印した存在らしいの。賢者たちは、ラプソーンを完全には滅ぼせなかったけど、その魂を杖に閉じ込めて、自分たちの血で封印したのね。暗黒神ラプソーンの呪いが、その七賢者を狙っていて・・・・・・。今までに殺された人たちは、みんな、七賢者の末裔だったのよ。ね・・・ねえ、トロデ王!杖は!?私が持ってた、あの杖は何処!?・・・・・・いけない!チェルスが危ないわ!すぐに杖を探し出して!早くしないと、杖を持った誰かが、また、チェルスを狙うわ!!」

    ハワード「あれから、胸騒ぎが止まらんのじゃ。巧く言えんのだが、自分が、とんでもない失敗をしてしまったような、妙な気持ちに囚われておってな。わしともあろう者が、この心の迷いは、どういうわけか・・・・・・。」

    女性「キャアアーッ!!!!レ・・・レオパルドがっ!!レオパルドが・・・・・・チェルスに、杖をっ!!」

    レオパルド「あと、二人・・・・・・。これ以上、邪魔はさせぬぞ・・・・・・。」

    チェルス「お・・・お願いし・・・ます・・・・・・。レ・・・レオパルド・・・・・・様・・・を・・・・・・追い・・・かけて・・・下さ・・・・・・い・・・。レオ・・・パルド・・・・・・様・・・は・・・・・・ハワードさ・・・ま・・・が・・・・・・心を・・・開け・・・る・・・唯一・・・の・・・存在・・・・・・だから・・・・・・。レオパル・・・ド・・・・・・様・・・が・・・・・・居なく・・・なった・・・ら・・・・・・・・・ハ・・・ハワードさ・・・ま・・・が・・・・・・・・・・・・ハワード様・・・が・・・・・・どんな・・・に・・・・・・悲し・・・む・・・・・・か・・・・・・・・・。・・・・・・ハ・・・ワード・・・・・・さ・・・・・・」

    ハワード「・・・・・・そうか。ようやく、解ったぞ・・・・・・。わしは・・・・・・わしは・・・・・・守り通す事が出来んかったのか・・・・・・。代々の悲願である、因縁の呪を・・・・・・。折角、御先祖様が、わしとクーパス様の末裔を導いてくれたというのに・・・・・・わしは・・・・・・。ううう・・・・・・。頭が・・・頭が・・・・・・割れそうに痛む・・・・・・。」

    ハワード(ハワード邸)「チェルス・・・・・・いや、偉大な賢者の亡骸は、手厚く葬るよう、部下たちに命じておいたが・・・・・・わしは、取り返しのつかない事をしてしまったな。もう、誰にも顔向けが出来ん・・・・・・。・・・・・・エイトよ。わしの最後の頼みを聞いてくれんか。レオパルドを退治してくれ。そして、賢者の一族の仇を、お前の手で討って欲しいのじゃ。わしには判るのじゃ。奴は、もう、レオパルドでは無い。強大な魔の力に支配されておる。これが罪滅ぼしになるとは思っておらんが、出来るのは、これくらいじゃ・・・・・・。どうやら、そっちの娘さんは、魔法使いの天分が、まだ半分ばかり眠ったままのようじゃな。よし!わしの力で、眠っている、その天分を軽く掘り起こしてやろう。」

    ベギラゴン&マヒャドを習得。

    ハワード「エイトよ。レオパルドは此の町から北へ逃げていったと聞く。まずは、北に向かうと良いじゃろう。それでは、くれぐれも頼んだぞ。お前たちの旅の無事を祈っておる。」

     

    【雪越しの教会地方のフィールド】

    アサシンダガーを入手。

    スポンサーサイト

    2019.10.17 Thursday

    0
      コメント
      コメントする